メリッサ・マッカーシー主演の実話に基づくストーリー。落ちぶれた作家が文書偽造の犯罪に手を染めて返り咲こうとする。

ある女流作家の罪と罰

リー・イスラエル(メリッサ・マッカーシー)はキャサリン・ヘプバーン、タルラー・バンクヘッド、エスティ・ローダーなどの伝記を書いたベストセラー作家だったが、センスが古くなり本が売れなくなると、友人ジャック(リチャード・E・グラント)と共謀し、作風を生かして有名人の手紙を偽造し始める。実在の作家の自伝が原作。

公開年:

2018