映画を売り込むためにウォルト・ディズニーのもとを訪れた俳優のロバート・ベンチリー。忙しいディズニー氏を待つ間にスタジオのアニメーション制作の現場を見学することに。

リラクタント・ドラゴン

映画の脚本を売り込むため、ウォルト・ディズニーのもとを訪れた俳優でユーモア作家のロバート・ベンチリー。彼は迷路のようなディズニー・スタジオで、下絵や音入れなどアニメーション制作の様々な工程をのぞき、作品が作られていく様子を目の当たりにする。その中でドナルドやプルート、グーフィーたちディズニーのキャラクターに出会うだけでなく、アニメ「Baby Weems」の誕生に立ち会い、完成した短編アニメーション「おちゃめなドラゴン」を目にするのだった。

公開年:

1941