本作は、香港を象徴する歌手アニタ・ムイの人生の年代記である。そのまばゆい経歴は子供時代から始まる。ステージ上の存在感に劣らず魅力的なのは、家族、友人、恋人、社会の大義への揺るぎない献身である。

アニタ:ディレクターズカット

10代からアニタ・ムイは姉のアンと一緒に遊園地のステージで歌い始めた。そのパフォーマンスがマイケル・ライの目に留まり、新人歌手のコンテストに出場することになる。レコード会社のキャピタル・アーティストは、この直後にアニタと契約し、来たる東京音楽祭に出場するために可能な限りのリソースを用いて支援する。

公開年:

2022