金にがめつく薄情な、自称「計算に長けた弁護士」のリウ・ランにとって、自らの利益と一致する依頼人の利益を守ることこそが何より重要であり、裁判に勝つためであれば、彼は手段を選ばない。金もうけこそが彼の目標だ。だが、そんなリウ・ランの目の前にリャンリャンが突然現れ、リウ・ランを「パパ」と呼んだその時から、彼の楽しく愉快な人生は一変する。全く身に覚えのないリウ・ランは、リャンリャンを息子と認めず拒絶するが、リャンリャンは子供らしい人なつっこさで心を通わせてくる。リウ・ランはやむなく息子がいるという事実を受け入れた。更に大きな出来事が彼を襲う。新米弁護士のリン・シャオイエンに仕事を台なしにされ、トップローファームをクビになったのだ。これを機に、2人は愛憎入り交じる敵同士になる。リウ・ランの世界観、人生観、価値観はリャンリャンとリン・シャオイエンの出現によって、少しずつ変わっていく。

正義の法則

金にがめつく薄情なリウ・ランは、「計算に長けた弁護士」を自称し、訴訟においては陰険な策略を巧みに操る。依頼人の利益こそが彼にとっては何より重要だ。リウ・ランは職務に忠実であるだけでなく、自分の利益は依頼人の利益と関わっているという考えから、裁判に勝つため手段を選ばない。リウ・ランは弁護士のヒエラルキーの頂点に立っており、金を口にくわえて、まっすぐ勝利のゴールに向かってひた走ることが彼の目標だ。だが、突然降って湧いたように現れたリャンリャンがリウ・ランを「パパ」と呼んだその時から、彼の楽しく愉快な人生は崩壊した。リウ・ランは認めない!だが、リャンリャンはリウ・ランの全てを知っている。リウ・ランは激怒する!すると、リャンリャンは子供らしい人なつっこさで心を通わせてくる。リウ・ランは交渉したい!だが、リャンリャンの母親の居場所は分からない。誰と交渉すれば?リウ・ランは悩んだ!リャンリャンはリウ・ランに父としての幸せのようなものを感じさせる。リウ・ランはやむなく息子がいるという事実を受け入れた。リウ・ランの世界は一変し、更に大きな変化が彼を襲った。彼が誇りにしている仕事を新米弁護士のリン・シャオイエンに台なしにされ、不名誉な告発を受けてトップローファームを追い出されたのだ。まるでジェットコースターのように、リウ・ランは弁護士のヒエラルキーの最下層まで瞬く間に落ち、リン・シャオイエンとは愛憎入り交じる敵同士になった。リウ・ランの世界観、人生観、価値観はリャンリャンとリン・シャオイエンの出現によって、少しずつ変わっていく。

公開年:

2022