ジェダイ見習いであるアナキン・スカイウォーカーは、パドメ・アミダラの護衛を命じられる。そして、しだいに彼女への恋心に気づくと同時に、自身のダークサイドに目覚めていく。一方、銀河に全面戦争の脅威が迫る中、オビ=ワン・ケノービは、密かにクローンの軍隊が製造されている光景を目にする…。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

アナキン・スカイウォーカーのダークサイドが目覚める、「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」。惑星ナブーの戦いから10年後、銀河で紛争が勃発しようとしていた。元ジェダイの反逆者ドゥークー伯爵が指揮する、分離主義勢力の脅威が拡大。惑星ナブーの元女王で元老院議員のパドメ・アミダラの命が狙われたため、20歳のジェダイ見習い、アナキン・スカイウォーカーが彼女の警護を命じられる。その任務の中で、アナキンは彼女への恋心に気づくと同時に、自身のダークサイドに目覚めていく。やがて、アナキンとパドメ、そしてオビ=ワン・ケノービは、分離主義勢力陣営に捕まり、クローン戦争に巻き込まれていく…。※この作品には、タバコおよび喫煙のシーンが含まれています。

公開年:

2002