ビリー・アイリッシュのDisney+(ディズニープラス)デビュー作品となる『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』。最新アルバム『ハピアー・ザン・エヴァー』の全曲パフォーマンスに加え、フィニアス、ロサンゼルス児童合唱団、グスターボ・ドゥダメル指揮によるロサンゼルス・フィルハーモニック、ホメロ・ルバンボをフィーチャー。ロバート・ロドリゲス、パトリック・オズボーンが監督を務める。

ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター

グラミー賞受賞者にしてヒットチャートのトップを走り続けるアーティスト、ビリー・アイリッシュがオリジナル・コンサート・フィルム『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』でDisney+(ディズニープラス)デビューを飾る。発表されたばかりの最新アルバム『ハピアー・ザン・エヴァー』スペシャルフィーチャーとして全曲パフォーマンスを敢行。伝説の音楽堂ハリウッド・ボウルのステージにてアルバム収録順に親密なパフォーマンスを披露する。監督はロバート・ロドリゲス、アカデミー賞受賞者パトリック・オズボーンが務める。この特別作品にはアニメーション・パートも含まれ、夢のような旅を通してビリー・アイリッシュの地元ロサンゼルスや象徴的な地へと視聴者をいざなう。加えてシンガーソングライターのフィニアスのゲスト出演、ロサンゼルス児童合唱団、グスターボ・ドゥダメル指揮によるロサンゼルス・フィルハーモニック、世界的に名高いブラジル人ギタリスト、ホメロ・ルバンボをフィーチャー。 この作品には激しい光の点滅を伴うシーンが含まれています。光に敏感な方はご注意ください。

公開年:

2021